auひかりに乗り換えることでお得なキャンペーンを上手にゲット!

ドコモ光からauひかりに乗り換えには?|お得に、そして賢く乗り換える方法

ドコモ光からauひかりに乗り換える基礎知識まとめ

ドコモ光からauひかりに乗り換えを行う前に、ドコモ光とauひかりのそれぞれの特徴をおさらいします。

 

ドコモ光はフレッツ光東日本・西日本の通信インフラを流用し、フレッツ光の通信速度や品質をそのままに各通信事業者が独自のサービスを付与した光コラボレーションモデルです。

 

スマホで言うと格安SIMに当たる位置づけの通信サービスです。表記上や数値上はフレッツ光と変わらない品質を保てると記載がありますが、フレッツ光のインフラを間借りして使っているためどうしても独自のインフラを持った通信事業者に比べて通信の安定性が落ちてしまう特徴があります。

 

その代わりに、本家であるフレッツ光よりも月額料金が安く、乗り換えによるキャンペーン等も幅広く展開している特徴があります。

 

auひかりはフレッツ光東日本・西日本と同じように独自のインフラを整備している光回線事業者です。

 

そのためドコモ光よりも通信が安定しているという特徴があります。auひかりは取り扱う代理店も多く代理店オリジナルのキャンペーンを展開しているケースも多いです。

 

また、auひかりでは「auひかりスタートサポート」というキャッシュバックキャンペーンも行っています。このキャンペーンは例えばドコモ光からauひかりに乗り換える際に発生した解約違約金をauひかりが負担するキャンペーンで、最大30,000円までau側が負担してくれます。

 

キャンペーンの対象となるのは解約違約金だけではなくドコモ光を開通する時に発生した工事費の残債も含まれます。ドコモ光とauひかりは大手キャリアの名前があるためどちらも同じような通信サービスだと思いがちですが、実は通信の安定性やサービスの構造という面で大きな違いがあります。

 

 

ドコモ光の料金とauひかりの料金を比較

ドコモ光からauひかりに乗り換える基礎知識まとめ

ドコモ光からauひかりに乗り換えを行う際気になるのは月額料金です。

 

月額料金はドコモ光もauひかりもホームタイプ(戸建て)やマンションタイプ(集合住宅)といった住宅タイプによって料金が異なるため、それぞれの住宅タイプで分けて以下の表で月額料金を比較します。

 

ホームタイプ(戸建て)の月額料金を比較

 

ドコモ光の料金プラン(戸建て)
タイプA 5,200円
タイプB 5,400円
単独タイプ 5,000円
ドコモ光ミニ 2,700円〜5,700円

 

auひかりの料金プラン(戸建て)
1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円

 

※auひかりはプロバイダ(au one net)利用料込みで「口座振替・クレジットカード割引(100円/月割引)」適用時を想定
※ドコモ光は最低利用期間が2年間・auひかりは最低利用期間が3年間のものを想定

 

ドコモ光の「タイプA」「タイプB」は、それぞれドコモ光が指定するプロバイダ利用料込みのプランです。タイプAに分類されるプロバイダを選ぶかタイプBに分類されるプロバイダを選ぶかによって月額料金が異なります。単独タイプではプロバイダ利用料が含まれていないため別途プロバイダを契約する必要があります。

 

ドコモ光ミニとは、データを使用した分だけ料金が上乗せされる従量課金制のプランです。あまりインターネット通信を行わなかった月(200MBまで)は2,700円となり、10MBあたり30円ずつ課金されます。ですがデータ量に関わらず金額の上限は5,700円です。普段あまりインターネットを利用しないが設備として導入したいという方にはおすすめのプランです。

 

auひかりでは、利用年数に応じて月額料金が異なります。auひかりの最低利用期間は3年間のため、更新前の最後の1年間は月額4,900円で利用が可能です。更新後ももちろん月額4,900円で継続利用することが可能です。auひかりもドコモ光のタイプA・タイプBと同様にプロバイダ利用料込みの金額です。ホームタイプで比べると、ドコモ光のどのプランを選択してもauひかりの方が安いことが分かります。

 

 

 

マンションタイプ(集合住宅)の月額料金を比較

 

ドコモ光の料金プラン(集合住宅)
ドコモ光
タイプA 4,000円
タイプB 4,200円
単独タイプ 3,800円

 

auひかりの料金プラン(集合住宅)
利用年数に関わらず 3,800円

 

※auひかりはプロバイダ(au one net)利用料込みで「口座振替・クレジットカード割引(100円/月割引)」適用時を想定
※ドコモ光・auひかり共に最低利用期間が2年間のものを想定

 

auひかりはマンションタイプの場合最低利用期間が2年間となります。

 

こちらの月額料金にもホームタイプと同様に「au one net」というauひかり独自のプロバイダの利用料金が含まれています。ドコモ光もホームタイプと同様に最低利用期間が2年間となっています。

 

プロバイダ利用料込みのプランはタイプAとタイプBに分けられていて、タイプAに含まれるプロバイダは「ドコモnet」「plala」「So-net」等合計20社、タイプBに含まれるプロバイダは「@Tcom」「OCN」「AsahiNet」等合計6社となっています。特にこだわりがなければ、タイプAに含まれるプロバイダを選択した方が安いです。

 

ドコモ光のプロバイダ利用料が含まれた月額料金はどちらも4,000円を超えています。単独タイプで別途プロバイダを契約すると月額料金はさらに高くなることが予想されます。しかしauひかりでは利用開始からずっと毎月3,800円となっていて、この金額にプロバイダ利用料も含まれています。

 

ホームタイプでもマンションタイプでもドコモ光に比べてauひかりの方が安いことが分かります。月額料金が安いという理由だけでもドコモ光からauひかりに乗り換えを検討しても良いです。

 

また、auひかりでは、auひかりネット回線+ひかり電話+auスマホの利用でauスマホの月額料金が2年間最大毎月2,000円割引となる「auスマートバリュー」という割引サービスを展開しています。

 

この最大割引を受けるにはデータ容量の多いデータ定額30を契約する必要がありますが、スマホ利用で一般的なデータ容量である5GBから容量の多い20GBまでを選択できるデータ定額5/20の利用によって2年間毎月1,400円の割引を受けることが出来ます。なおどちらも3年目以降は永年毎月934円の割引となります。

 

こうした自社スマホ回線と併用することで月額料金が安くなるサービスはドコモ光も行っていますが、ドコモスマホ側でデータ容量がかなり大きなプランを契約する必要があります。割引が入るとは言え使うか定かでない容量を契約するのはもったいないです。auスマホのデータ定額5/20で受けられる割引額と同じ1,400円の割引を受けるには「ウルトラデータLパック」という月額6,000円で20GBのプランを契約する必要があります。

 

auひかりとドコモ光は月額料金で比較してもauひかりの方が安いですが、スマホとのセット割で比較してもauひかりの方が優秀です。

 

 

auひかりに乗り換えた際のキャンペーンを確認

ドコモ光からauひかりに乗り換える基礎知識まとめ

ドコモ光からauひかりに乗り換えると、それに伴ったキャンペーンを適用することが出来ます。キャンペーンはauひかり公式でも行っていますが、auひかりを取り扱う代理店でも独自のキャンペーンを行っています。「NNコミュニケーションズ」という代理店が展開しているキャンペーンでは、最大50,000円のキャシュバックを受け取れるキャンペーンを行っています。キャッシュバックの内訳はホームタイプかマンションタイプ・契約するプロバイダによって様々種類がありますが、最大金額を受け取るためにはauひかりネット回線とひかり電話を契約する必要があります。

 

※NNコミュニケーションズについては当サイトのTOPページをご覧ください。

 

ひかり電話とは、従来の加入電話ではなく光回線を使ったIP電話サービスです。auひかりのひかり電話では、これまでの電話番号をそのままに月額500円で利用することが出来ます。通話料金は日本全国どこにかけても3分あたり8円です。加入電話からひかり電話に切り替えるにはドコモ光からauひかりに切り替えるのと同じ様に工事が必要で工事費が発生しますが、乗り換えによって得られるキャッシュバックや月々お安くなる基本料金や通話料金の差額でそれを回収することが出来ます。

 

また、ドコモ光からauひかりに乗り換えると「auひかりスタートサポート」の対象となります。この割引サービスではドコモ光の解約違約金をauひかりが負担してくれます。ホームタイプでもマンションタイプでも最大30,000円のキャッシュバックとなります。この金額はドコモ光の解約違約金や工事費の残債の金額によって変動します。

 

また、auひかりスタートサポート適用の条件としてauひかりネット回線+ひかり電話+電話オプションパックを契約する必要があります。このキャッシュバックは、au WALLETプリペイドカードへのチャージもしくは郵便為替にて還元されます。さらにauスタートサポートには、ドコモスマホからauスマホに乗り換えることでau契約回線1回線につき10,260円のキャッシュバックを得られるキャンペーンも含まれています。

 

ドコモ光ではドコモスマホとのセット割があったため、現状ドコモ光を利用している方はドコモスマホを利用している方も多いでしょう。ですが、auひかりスタートサポートで他社携帯電話の解約違約金相当額もキャッシュバックされるため、リスクゼロでauスマホに乗り換えてauスマートバリューを適用することが出来ます。ドコモスマホの分割金残債に関してはキャンペーンの対象外ですが、解約違約金がキャッシュバックされるだけでも大きなメリットです。このキャッシュバックはau WALLETプリペイドカードへのチャージで還元されます。

 

auひかりに乗り換える過程で多くのキャンペーンを適用できるため、ドコモ光からauひかりへの乗り換えをお得に行うことが出来ます。

 

auひかりの申し込みは代理店サイトがお得ですが、その中でも評判が高いのはNNコミュニケーションズです。詳しくはこちらの記事からご覧ください。