フレッツ光からauひかりに乗り換えるために確認すべきこととは…?

フレッツ光からauひかりに乗り換えるならキャッシュバックが高い窓口で申込みたい

フレッツ光は現在、利用している人が少ない光回線ですが、いまだに契約している人もいます。

 

法人ではフレッツ光は利用されていますが、個人で利用するメリットはほぼありません。

 

フレッツ光はスマホとのセット割引も無いですし、申込み時のキャッシュバックも無いに等しい金額で、さらに毎月の月額料金も高い…。三重苦です。。

 

ですので、フレッツ光からauひかりに乗り換える人は多いのですが、乗り換えのピークは2015年〜2016年です。2018年になってからは、ほとんどの人は乗り換えが終了しています。

 

とは言っても、インターネットに疎い人は昔ながらのフレッツ光しか選択肢を知らないですので、契約前に光回線を比較・検討することのないままうっかり継続してフレッツ光を使ってしまうことになります。

 

この記事は「いまだにフレッツ光を利用して、auひかりに乗り換えたい人」に向けた内容になっています。

 

キャッシュバックがお得な代理店・各種キャンペーン・月額料金・スマホとのセット割引(auスマートバリュー)等について紹介していきます。

 

 

 

1.auひかりに乗り換える人が続出する理由

現在フレッツ光を利用している人がauひかりの乗り換える理由は、フレッツ光はauひかりに比べて月額料金が高額な上にスマホと併用することでのセット割が無いというデメリットがあるからです。以下でフレッツ光とauひかりの一戸建て住宅向けの料金プランである「ホームタイプ」の月が来料金を比較してみましょう。

 

月額料金
フレッツ光(東日本) 4,900円〜
auひかり 1年目/5,100円、2年目5,000円、3年目以降/4,900円
※フレッツ光は最低利用期間が2年間の料金プランを想定
※auひかりは最低利用期間が3年間の料金プランを想定
※auひかりの月額料金はし「口座振替・クレジットカード割引(月100円割引)」適用時を想定

 

 

フレッツ光の月額料金にはプロバイダ利用料金が含まれていないため、月額料金の他にhi-hoや@niftyといったプロバイダを別途契約する必要があります。

 

一方、auひかりは「BIGLOBE」や「So-net」「au one net」を申込み時に選択するだけでいいので、プロバイダを別途契約する必要がありません。そのため、字面だけで見るとフレッツ光の方が安価に見えますが、実はauひかりの方が毎月お安い利用料金で高速なインターネット光回線を利用出来ます。さらにauひかりは【auスマホ&auひかり&ひかり電話】を併用することでauスマホの月額料金が最大毎月2,000円お安くなる割引サービスも提供しています。

 

 

auスマートバリューを適用するためにはひかり電話に加入する必要がありますが、これまで一般加入電話で固定電話を利用していた方であれば光回線を活用したひかり電話に乗り換えた方がお得です。というのも、ひかり電話は月額基本料金500円で利用することが出来てさらに国内固定電話との通話であれば日本国内どのエリアとの通話であっても3分あたり8円というお安い料金で利用できるからです。ひかり電話に切り替えるためには切り替え工事が必要となりますが、これまで使っていた電話番号を変えたり電話機を買い換えたりする必要がありません

 

また、auスマートバリューはauスマホとの併用も必須となっていますが、auスマホをご家族で使っている方であれば毎月のスマホ代金がかなりお安くなります。最大の割引額である2,000円の割引を受けるためにはデータ通信容量の大きな料金プランを契約する必要がありますが、多くの人が利用する「データ定額5/20」という一般的な料金プランでも1回線あたり毎月1,410円の割引を受けることが出来ます。そのため、ご家族の中でauスマホを利用している方やタブレット端末などのauで契約したモバイル回線が多いほどauスマホの月額料金がお得になります。

 

これら月額料金やスマホとのセット割が理由から、フレッツ光よりもauひかりを利用した方がより多くのメリットを受けられるため現在フレッツ光を利用している方はauひかりへの乗り換えを検討した方が良いです。

 

 

2.フレッツ光からauひかりに乗り換えるとキャッシュバック&お得な特典

続いて、フレッツ光からauひかりに乗り換えを行うことで適用できるキャッシュバックキャンペーンやauひかりのお得な公式キャンペーン特典についてご紹介致します。auひかりに乗り換えを行う時は、auひかりの公式サイトやauショップからではなくauひかりの代理店サイトからの申込みがおすすめです。

 

それは、代理店サイトであれば代理店独自のキャッシュバックキャンペーンを適用することが出来るからです。そこでこちらでは代理店サイトの中でも評判の良いNNコミュニケーションズというサイトからauひかりに乗り換える際に適用できるキャンペーンについて「NNコミュニケーションズ独自のキャンペーン」と「auひかりの公式キャンペーン」の2つに分けて内容をご紹介致します。

 

>>NNコミュニケーションズのキャンペーン情報はこちら

 

 

 

2-1.キャッシュバックがもらえる

まずは、NNコミュニケーションズが独自で行っているキャッシュバックキャンペーンの内容についてご紹介致します。NNコミュニケーションズが独自で行っているキャッシュバックキャンペーンは、auひかりに加えて契約するプロバイダを「BIGLOBE」か「So-net」のどちらかを選ぶと最大で50,000円のキャッシュバックを受け取ることが出来ます。契約する住宅タイプによっても金額が異なってくるため以下の表にキャッシュバック金額をまとめます。
※BIGLOBEのみ表記

 

 

 

BIGLOBE(ネット+電話)

BIGLOBE(ネットのみ)
ホームタイプ(戸建て) 25,00025,000

50,000

18,00025,000円

43,000

マンションタイプ(集合住宅) 20,00020,000円

40,000

13,00020,000円

33,000

 

 

上記の表のように、NNコミュニケーションズからもらえるキャッシュバックとプロバイダから進呈されるキャッシュバックを合計した金額が還元されます。

 

契約するプロバイダによって内訳は多少異なりますが、キャッシュバックされる合計金額は変わりません。また、NNコミュニケーションズ独自のキャッシュバックキャンペーンではこの他にキャッシュバック+無線LANルーターが進呈されるキャンペーンも行っています。

 

その場合は、表のどの場合であってもキャッシュバック金額が5,000円減額されます。進呈される無線LANルーターはBUFFALO製の無線LANルーターの「WHR-1166DHP4」というモデルで、最大通信速度は866+300Mbpsという高速通信を可能としているモデルです。

 

NNコミュニケーションズのキャッシュバックを詳しく見てみる

 

 

 

2-2.公式キャンペーン

auひかりの公式キャンペーンはキャンペーン特典が2点あります。

 

1点目は「auひかりスタートサポート」というキャンペーンで、auひかりのインターネット光回線とひかり電話と電話オプションパックを契約することによって最大55,000円まで他社で発生した解約違約金相当額が還元されます。

 

還元方法はau WALLETプリペイドカードへのチャージか郵便為替にての還元となります。auひかりスタートサポートは他社回線からauひかりに乗り換える時に他社で発生した解約違約金をauひかりが負担するといった趣旨のキャンペーンであるため、キャンペーンの最大金額よりも解約違約金の方が額を下回った場合は解約違約金の金額が上限となります。また他社で発生した解約違約金を証明するための請求書のコピーを添付してauひかりが指定する申請書と専用封筒にて申請する必要があります。少し手間はかかりますが他社からauひかりに乗り換える方にとってはかなり嬉しいキャンペーンです。

 

2点目は「初期費用相当額割引」というキャンペーンで、auひかりのインターネット光回線とひかり電話を併せて利用することで60ヶ月間毎月625円が割引され、ホームタイプの場合は最大で合計37,500円が還元されます。マンションタイプの場合は24ヶ月間毎月1,250円が割引され、最大30,000円割引されます。最大の還元を受けるためには割引されている期間中auひかりを継続して利用する必要がありますが、この割引キャンペーンを適用すると工事費が実質無料となります。

 

auひかり公式キャンペーンの特典内容は他社からの乗り換えを行いやすいように考えられたキャンペーンとなっています。

 

 

というわけで、上記のNNコミュニケーションズでauひかりに申込むと、代理店キャンペーンとauひかり公式キャンペーンのどちらとも適用されるのでお得です。
>>NNコミュニケーションズのキャンペーン情報はこちら